読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どじょう日記

ドジョウ好きの生き物ブログ

イトヒキハゼ3

最近ブログをサボっていたので、今回は前回の続き、「イトヒキハゼ2」の続きです。

前回イトヒキハゼを60センチ水槽に移しかえ、さらにテッポウエビを導入しましたが、結局共生しませんでした。

あれから約2ヶ月。果てしてどうなったのか?

まずは1月19日のイトヒキハゼの様子。f:id:lefua31:20170309031612j:image

特に変わった様子はなく、水槽内をふらふら泳いでいました。

水温は低いですが、乾燥のブラインシュリンプをよく食べてくれます。

様子が少し変わったのが2月2日

f:id:lefua31:20170309031838j:image

今まで、水槽内を泳ぎまわっていたイトヒキハゼがライブロックの下の隙間に身を隠している?テッポウエビは確認できなかったので共生しているわけではなさそう?

次の日の2月3日。

f:id:lefua31:20170309032023j:image

イトヒキハゼと一緒にテッポウエビがいる⁈。

これは共生しているのか…。気になって手を近づけてみると先にテッポウエビがサッと巣穴に隠れその次にイトヒキハゼが巣穴に戻る。f:id:lefua31:20170309032234j:image

おお〜、ついに共生してくれたのか!巣穴が浅いのが気になるけど、良しとしよう。

が、しかし2月21日。

f:id:lefua31:20170309032453j:image

いつもの巣穴の場所にイトヒキハゼの姿はありませんでした。あらら?

f:id:lefua31:20170309032436j:image

その後も観察を続けましたが、イトヒキハゼが巣穴に戻る様子は全くなく、またふらふらと水槽内を泳ぎまわっています。それがしばらく続きました。水槽内の環境が悪かったのか、テッポウエビとの相性が合わなかったのか…。

さらに悲劇は続きます。上部フィルターのポンプが壊れました。水中ポンプを使った簡易濾過に切り替えましたが、共生もしなくなりフィルターも壊れたこの水槽への興味は完全に覚めてしまいました…。

それからしばらくの間放置飼育が続き…ふと水槽を覗いてみると…

f:id:lefua31:20170309033412j:image

また共生している?!今度は蠣殻を拠点に巣穴を掘ったようです。写真では分かりにくいですが、巣穴には2匹のテッポウエビが確認できました。f:id:lefua31:20170309033720j:image

そしてテッポウエビがショベルカーのように砂をかき出す仕草も観察できました。

しかしなんでまたこんな砂の浅いところに巣穴を作ったんでしょうか…。

一時的にかも知れませんが、もう一度共生している姿を観察できてよかったです、見ていて面白いですね。 テッポウエビもペアで巣穴に住んでいるようですし、これからどうなるのか。楽しみです。