どじょう日記

ドジョウ好きの生き物ブログ

イトヒキハゼ2

http://lefua31.hatenadiary.jp/entry/2016/11/08/203448 (前のイトヒキハゼのブログ)←みてね

以前紹介したイトヒキハゼですが11月の頭に採集してから約3ヶ月が経ちました。とくに問題なく汲んできた海水と外掛けフィルターだけで元気に暮らしております。

が、その間に海で拾ってきた無脊椎動物が増えて狭くなってしまったので、60センチ水槽に引っ越すことにしました。

f:id:lefua31:20170117025549j:image

ヤドカリ、ヨロイイソギンチャクにナマコ、バフンウニ、カニダマシ、サザエが加わりました。これではイトヒキハゼも落ち着きません。狭くなってずっとガラスに張り付いていました。

f:id:lefua31:20170117025800j:image

ちなみにこれがカニダマシです。カニではなく異尾類のタラバガニ科のイボトゲガニらしいです。タラバガニ科だからヤドカリの仲間に近いのかな?

f:id:lefua31:20170117030154j:image

バフンウニも磯で拾ってきました。3匹拾って1匹試しに食べてみましたが…とんでもなく苦い。夏にとったやつは甘くて美味しかったんですけどね。 

f:id:lefua31:20170117030332j:image

そしてこれが新しくなったイトヒキハゼの水槽です。(ろ過は上部のみ。)かなり広々していて引っ越しして良かったです。そしてこの引っ越しに合わせて1月14日の夜に河口にテッポウエビを採集してきました。(夜の河口怖かった…)

f:id:lefua31:20170117030645j:image

前回のブログでも言いましたがこのテッポウエビとイトヒキハゼは共生するらしく、何度が採集に行ったのですが上手く採集できず今回、ようやくテッポウエビを採集することができました。これもまた前回言いましたがイトヒキハゼを釣り採集した真の目的は自家採集共生ハゼ水槽を作る為なのです。

f:id:lefua31:20170117031102j:image

巣穴を作ってもらう為まずは砂を厚く敷いてみてタコツボも置いてみました。

しかし、ツイッターで共生ハゼに詳しいに色々聞いたところもっと砂を厚く敷かないとダメなようです。砂を厚く敷くのはデメリットも多く水槽が完璧に立ち上がっていないと病気や水質悪化の原因にもなるみたいです。(この水槽はライブロックも使っていなくて、汲んできた海水なので危険)

また採ってきたテッポウエビがイトヒキハゼより小さいので共生しないかもしれません。まだまだ共生までに時間はかかりそうですね。とりあえず近いうちに砂を買ってきてもう少し厚く敷いてみることにします。

正直海水をガチでやっている方にとってはこんな水槽で共生ハゼ、「舐めてんのか」って思うかもしれませんが自己満足で海水も生体も自家採集(採取)にこだわってるだけなのでご理解いただけたらありがたいです。それでは

f:id:lefua31:20170117032404j:image